サイクロンの宿命である磨耗を、発想の転換で画期的な安価で万全な新システムを開発、実施しています。『耐磨耗特殊サイクロン』をご紹介します。


HOME > 製品情報 > 特殊サイクロンの磨耗防止 ダイオキシン制御

特殊サイクロンの磨耗防止
ダイオキシン発生制御

特殊サイクロンの磨耗防止SG-L型・標準型
特殊サイクロンの宿命である磨耗を発想の転換で防止する
		
		画期的なシステムを採用
高性能サイクロン・SGセパレーターは、宿命である磨耗を発想の転換による画期的な新機構の開発によって解決しました。
高温で微細煤塵をも捕集できるSGセパレーターは、ダイオキシンが発生する前に集塵することで発生を大幅に制御できます。

磨耗発生のメカニズム

サイクロンに接線流入した研削能力を持つ粉体は、直胴部では遠心力を得て旋回しながら速やかに下降するのに対して、円錐部まで移動すると、遠心力によって外方向へ移動しようとする力が作用します。
これにより、円錐部に押し付けられた状態の粉体には、円錐の角度に沿って斜め上向きに働く力と、重力によって下向きに働く力がかかります。 この相反する力が均衡した条件下で、粉体は円錐の同一部位を水平に旋回。均衡状態が破れるまで旋回し、研削を続けます。こうした研削能力を持つ粉体の数は、運転中、選択的に増加し、やがて円錐部一面に及びます。これが磨耗の主原因です。

特許:特殊サイクロンの特徴

“磨耗が発生しない構造”

サイクロンの宿命である摩耗は、従来の摩耗対策では超硬合金を溶射したり、肉盛によって、キャスターやセラッミク張り等の異種材料による磨耗を遅らせる手段で延命対策をしますが、ここに紹介する耐磨耗機構は母材は本体と同材質で、摩耗因子を系外に除去するシステムでSGセパレーターに当機構を施した高性能サイクロンです。 軽量で確実な耐磨耗機構は標準サイクロンにも施工可能です。

検証・・・耐摩耗機構

SGセパレーターに耐磨耗機構を施工した特殊サイクロンにおいて、稼動中の研削能力が大きい珪砂による磨耗が激しい設備で9年間の検証結果、サイクロン要部の減肉は見止められなせん。サイクロンの当該耐磨耗機構は完成した機構であることを証明しております。

母材の板厚を厚くする必要もありません。

摩耗の原因および部位

SGセパレーターは直胴の上部スリット部の範囲内で内壁に到達した摩耗因子の粉体は1/5周でスリットを介して器外へ除去する。又、浮遊粉体は重力沈降して速やかに下降するので摩耗対策の対象外と判断します。
摩耗対策が必要な部位はコニカル(円錐部)、チャンバーのダスト排出口です。コニカル内壁面に位置する摩耗因子の粉体は遠心力によってコニカル内壁面に押付けられた状態で同一レベルを水平旋回するために壁面との摩擦によって摩耗が発生します。連続運転によって研削能力を持つ粉体が増加すると粒子の形状および大小によって滞留部位が異なり、やがて摩耗因子はコニカル全面に広がり、全面で摩耗が始まります。チャンバーのダスト排出部は交換部品によって対応します。

ダイオキシンの発生を抑える特殊サイクロン

高温領域で微細煤塵までを集塵可能な特殊サイクロンで集塵後に排ガスを急冷するとダイオキシンの発生が激減します。ダイオキシン処理にSGセパレーター 特殊サイクロンがお役に立っております。

東京都 利島清掃センターで稼動中(2000/11/24.測定)

PageTop