遠心分離応用機器の総合メーカー『日本スリーエム』。こちらでは、高効率サイクロン『SGセパレーター』の分離機構をご紹介します。


分離機構

「SGセパレーターはどういう仕組みなのか?」。こちらでは、その分離機構について解説いたします。微細粉体を高効率で捕集する、画期的な製品の機構をご確認ください。

SGセパレーターの分離機構

SGセパレーターの図

入口管(2)からガスを本体(1)に接線流入すると、本体内では遠心力が発生して差圧が生じます。
この差圧によって一定量のガスをリサイクルすることで微細粉体の捕集を可能にします。

本体(1)に流入した含塵排ガスは器内の遠心力によって、外筒(3)の内壁部で粉体を分離して、清浄化した排ガスは中央部に位置する内筒(4)から吐出管(5)を経て器外へ排気します。

微細粉体、粉塵・煤塵(以下、分離目的物という)の内、直胴部で外筒内壁に到達した分離目的物の流れは旋回しながら下降してチャンバーに至ります。尚、一部の分離目的物は流動する位置によって、圧力差で流動するリサイクルガスに乗って、外筒(3)に設けた連通スリット(8)⇒捕集管(6)⇒圧力バランス管(7)を経てチャンバー(9)に至ります。

チャンバー(9)には旋回流が存在しているので遠心力が働いています。
このチャンバー(9)側壁の近くでリサイクルガスと微量の分離目的物を開放しますが、微弱な遠心力でも分離可能な状況下に置くと分離目的物はリサイクルガスと分離して側壁を旋回しながら下降して前記の主分離目的物と一緒に排出管(10)から器外へ排出されます。

リサイクルガスは清浄化してチャンバー(9)の中央部に移動して本体(1)へ向けて上昇します。


PageTop