遠心分離応用機器の総合メーカー『日本スリーエム』。こちらでは、LGIミストセパレーターの分離構造についてご紹介します。


分離機構

独自設計のミストセパレーターでミストを分離し、誘引ブロワーの振動を防ぐ『LGIミストセパレーター』。その分離機構について、図を交えながら解説いたします。

特許 LGIミストセパレーターの分離機構

LGIミストセパレーターの図

ミストや煤塵、粉塵(以下、ミスト)が混入した洗浄排ガスが入口管(2)から下向きに本体に流入します。これに続き、排ガスは内部に配備した分流ドラム(3)の円錐部で、流れ方向を外向きに変えます。そして、湾曲を描いた固定案内羽根(4)に導かれ、旋回流となって遠心力が発生します。

排ガスは、外筒(1)の内壁付近で遠心力を与えられますが、この部位を旋回しながら下方へ移動すると、質量の大きな物は遠心力によって中心から外方向へ、質量の小さい物は中心方向へ移動します。
これにより、ミストは外筒(1)の内壁に向かって、ガス体は中心方向へ各々移動し、遠心分離が行われます。

慣性力と遠心力によって、外筒(1)の内壁に到達したミストは、外筒(1)の分離領域に設けた連通スリット部(7)を通過して、本体の外周壁に設けた系外の複数の捕集管(8)に入り、捕集されます。

捕集したミストは、1個所にまとめてドレン管(9)から器外へ排出します。一旦、含塵ミストを捕集すれば、その後、処理済みの排ガスに再混入することはありません。捕集したミストの排出口には外部との圧力差よってエヤーリークが発生することからドレンポットを取付けることになります。

最終的に、ミストを分離・除去した排ガスは、器内の中央に設けた内筒開口部(6)から内筒吐出部(10)を通り、器外へ排出されます。


PageTop